ETCカードの審査落ちたに関する注意点

この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所入口でカードを係員に渡すことで処理を行われるようですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンの故障などで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを伝えて処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所に来た際に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の距離の起点がわからないので出口料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は多くなりがちで毎月領収書を出して保管、清算して・・・というのは確かに面倒そうです。

できれば法人口座からまとめて引き落としできるようにして経費参入しておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じでクレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいと言われており、しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の第三者が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし走行中などに車載器側でエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

レーン出口のバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

バーが開かない時は接触しないように停車しましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後は落ち着いて行動しましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、スタッフに直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

買い物時の支払いなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例としてカードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではETC利用時の付与率は少なくなっていることが多いようです。

また、ETC利用時はポイント付与対象外になるカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった特典から選ぶのもいいかもしれません。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレカ支払いでは約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はweb上で追加発行、クレカを持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みもできます。

ガソリンスタンドで給油する際にいろいろな支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント付与が2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

例として、カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

引用:http://www.letteringguru.com/faq/06.html

トラブル対応に慣れている人って少ないですよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

財布の中からETCカードが見つからなかったんです。

どうやら紛失してしまったようです。

急なトラブルについ焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように紛失した場合は各カード会社の紛失盗難デスクに連絡をしましょう。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので社会人になる前に早めに申し込みをして作りましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。