住宅ローンの審査は厳しくなっている?

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
ローン申請は、銀行等で受け付けています。
受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。
やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
という風な単純なものではありません。
通らない方ももちろんいらっしゃいます。
一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が一つのラインと言われています。
利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。
その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにあといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。
にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
あとですね、住宅ローン借り換えならシミュレーションもあるのでまずは計算してみましょう。
これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。